Question

音楽をやると頭がよくなるって本当ですか?

Answer

本当のようです(*^^*)

 

あくまで個人的な印象ですが、社会人オーケストラで趣味として楽器を演奏されている方々には頭脳明晰で立派なお仕事をされている方が多くいらっしゃるように思います。

 

また石黒加須美さんの「乳幼児の発達レッスン」によると、

 

『脳には2つのことを同時に行うと、その体験がより脳の深いところに、すなわち前頭前野の中にある人間にしかない特別な領域を鍛えることにつながります。

例えばピアノの音を聴きながらそれに合わせ足踏みをするといった音感やリズムをつける訓練を行うことにより、

1 同時に2つのことを行う能力

2 順序立てて物事を進める能力

3 感情をコントロールする能力

4 思考力、判断力、想像力

の発達を促す。』

 

とのことです。

 

またアンサンブル演奏では、他者の音を聴きながら自分の音を重ね合わせていきます。

このように音楽には人間社会のコミュニケーションの縮図が備わり、自己を表現する能力も必要になってきますので、効率的でバランスのよい習い事であると言えます。

 

特に幼児期から音楽に取り組むことで、より高い効果が得られるようです。

「どの楽器が合っているか?」ご不明な場合には、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、サックス、ヴォーカル、カラオケ、ギターから複数の楽器の体験レッスンもお受けいただけます。

ぜひチャレンジしてみてください!