Question

子ども(幼児)楽器を習わせたいのですが、何歳から入会可能ですか?

Answer

各楽器によって異なってまいります。

また3歳以下のお子さまには、簡単なリトミックや音遊び的なソルフェージュをお楽しみいただけるるんるん幼児クラスもございます。

 

楽器ごとの目安の開始年齢を記していきます。

 

■ピアノ

3歳からお学びいただけます。

但し、お子さまの指や手はまだとても柔らかい状態です。

指や手に強い負担がかからないようレッスンを進めていきます。

 

■ヴァイオリン

3歳からお学びいただけます。

ピアノ同様、お子さまの指や手に負担がかからないよう気を付けます。

またヴァイオリンの場合は、ピアノと違い、子ども向けの小さなサイズのヴァイオリンがあります。

まるでおもちゃのようにかわいらしい16分の1のサイズから、小学生高学年以上から使用する普通のサイズまで何段階もありますが、3歳から始められた場合、成長に伴い通常3回程度買い換えていくことになります。

 

■フルート

6歳からお学びいただけます。

最初はフルートの吹き口部分だけを子ども用にした「U字管」タイプのフルートを使います。

また、お子さまの手が小さくフルートが持ちにくい場合、音を出しにくい場合は、ファイフと呼ばれる横笛から始めることもあります。

ファイフは1,000円前後とお値段も手頃で、フルートよりも小さいため3歳頃からお学びいただけます。

実際のフルートとは異なりますが、「フルート感覚」をお感じいただけるものと思います。

 

■クラリネット

8歳からお学びいただけます。

クラリネットは、学校の吹奏楽部で始める方が多い楽器ですが、最近は小学生から始めるお子さまも増えている人気の楽器です。

 

■サックス

9歳からお学びいただけます。

クラリネット同様、吹奏楽部で始められる方も多いですが、「カッコイイ!」と小学生から始める生徒さんもいらっしゃいます。

 

ポピュラーコース                                                       

童謡などを歌うのであれば、3歳からでもお楽しみいただけます。

元気に声を出すことで、音楽への興味も増していくことでしょう。

 

★英才教育をお子さまに施したいとお考えのご両親さまもいらっしゃいますが、マット音楽教室ではこれまでのデータや経験上、3歳前後での猛烈なレッスンや練習はあまりお奨めしていません。

理由は前述しましたように、お子さまの身体や精神に負担がかかることがあるからです。

激しい練習によって、指が曲がってしまうなどの症例も報告されています。

マット音楽教室では、無理のない指導の中で、お子さまに音楽に慣れ親しんでいただき、自然と向上心が芽生えるようなレッスンを心がけています。

「音大受験(音楽系中学・高校も含み)」や「プロにさせたい、なりたい」とお考えの場合でも、小学校に入ってから本格的な指導に変えていくので充分余裕がありますので、どうぞご安心ください。