先日、墨田区の文花中学校で「ようこそ地域の先輩」という企画があり、当教室キャプテンの田中良茂先生とクラリネット講師の末永貴与先生が、2年生のクラスで授業を行いました。授業の前半ではクラシック音楽の歴史を分かりやすく説明。演奏も交えて、長調・短調の成り立ちや音楽の変遷を理解してもらいました。また、「皆さんの大好きなポップスも、クラシック音楽が存在しなかったら全く違うものになっていたかもしれませんよ!」という説明には、皆もびっくり興味深そうに聞いていました。後半では良茂先生がリストの「ラ・カンパネラ」を披露♪ 迫力満点の演奏に、大きな拍手がわきました。また末永先生がクラリネットについて説明し、「クラリネット・ポルカ」を演奏すると、生徒さんたちは楽しそうに目を輝かせて聴き入っていました。中学生の中には、普段クラシック音楽に触れる機会の多い子はあまりいないようですが、これを機に、少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいな、と思いました