今日、生徒さんのNちゃんが教室にそろばんを持ってやって来ました。おじいちゃんの家で遊んでいたら、いくつも出てきたのでもらって来たそうです。「そういえば、小学生の頃に教わったなぁ…」と懐かしく思いながらも、使い方はすっかり忘れてしまっており、それを見たNちゃんは「私がお姉ちゃんに教えてあげる!」と張り切って教えてくれました(笑)それにしても、電卓の無かった時代には複雑な計算も全てこれで処理していたんだと思うと、改めて昔の人の知恵に驚かされます今は機械を使えば何でも出来てしまいますが、もしかしたら、私達はそれによって自分で考える力や想像力も、同時に失っているのかもしれません。「たまには自分で計算してみようかしら…」などと思いつつ、「やっぱり仕事でミスしちゃ困るしな…」と弱気になった、数字音痴の私でした