今日、ある生徒さんがひどく疲れた顔で教室にやって来ました。いつもにこにこしているのに元気が無く、なかなかピアノを弾きたがらない様子。はて、どうしましょう…?と考えたあげく、教室にあったいただきものののお菓子をあげたら、美味しそうに食べて、ようやく笑顔に。そして力が湧いたのか、レッスンでは大きな頑張りを見せてくれました

特に小さなお子様は日によって体調や気分が大きく変化しますので、教室では生徒さんの様子を視野に入れながら向き合っていきたいと思います。