熊本で地震が続いており、被災地の方は不安な日々を強いられています。

もちろん14日の地震でも「熊本で?最近では珍しいな」と驚きましたが、

16日の「本震」の時は、夜中に何だか虫の知らせ?だったのか、

気持ちがソワソワして、ふとテレビをつけてみたら「津波に注意!!」などと大騒ぎになっており、

「これは大変だ」とびっくり。さらに20分ほどして、さらに大きな揺れが勃発、

火災なども起きている状況を見て、東日本大震災の記憶が蘇ってきました。

熊本に実家のある友人がいるので、「大丈夫?」とメールしてみたら、

「家族の命は助かったけれど、親戚の家が倒壊してしまった」とのこと。

ご家族も皆さん避難所生活を送られているそうで、本当に他人事ではなく、心配な気持ちでいっぱいです。

流通がストップしており、物資もなかなか避難所の方々に行き届かないとの話も聞きます。

一日も早く、被災地の方の穏やかな日常が戻ることを祈るばかりです。