Question

ソルフェージュをやるメリットを教えて下さい。

Answer

まずソルフェージュとは、楽譜をしっかり読むための基礎的な訓練で、楽譜を見てすぐに歌う新曲視唱や、ピアノで弾いた音を書き取る聴音などのことを言います。

墨田区のマット音楽教室でも、ソルフェージュ・クラスをご用意しています。

 

例えばピアノ教室に通いピアノだけを勉強していても、上記の能力は多少身に付くものですが、ソルフェージュを特化して学べば歴然と力が付き、楽器演奏の上でも効率的に読譜(楽譜を読む)ができるようになります。

 

また音大受験には新曲や聴音の試験は付きものですので、受験をお考えの方には必須となります。

 

しかし本来のソルフェージュとは、さらに高度で深い音楽的能力を意味するものなのです。

音にはあるべき姿があります。例えば「ドとミ」と「ドとラ」の音の連なりがあった場合、同じように鳴らすようであればきちんと音楽を理解しているとは言えません。そこには音程(音の高さ)の違いがあり、いかにレガート(音と音との間に切れ目を感じさせないように、滑らかに続けて演奏する方法)で結びつけるかなどが重要になってきます。

音程だけではなく和声(和音の連なり)、拍子やリズムの前後関係を、さらには時代背景や作曲家独自の特徴までを鑑みて一流演奏家はそこにあるべき音を探求していきます。
 

しかしながらそこまで高度なソルフェージュを世界の音楽大学が実践しているかと言うと、授業としては僅かではないかと想像されます。

 

マット音楽教室に通われている生徒さまのほとんどは、趣味として音楽を楽しんでいる方です。

ご説明したようなことを突き詰めると、音楽が難しいものに変化してしまうケースもあります。そのため講師陣は通常のピアノやヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネットのレッスンなどで、さりげなく一言だけ大切なソルフェージュ的キーワードを混ぜ込ませているなんてこともしています。

 

もちろんソルフェージュ・クラスでは最初、基礎的な能力が付くようレッスンを進めていきますが、途中からは高度なソルフェージュ能力も育まれるよう無理のない中で実践していきます。