今回はピアノ・ソルフェージュ講師/中村美貴先生のインタビューその2です。

その1

 

スタッフ

小さかった頃のお話は、前回の田中綾乃先生と似ていますね。

綾乃先生もお兄さんの音楽教室に連れられて行っていたそうです♪

 

さて次に好きな音楽ジャンルをお伺いしたいのですが、やっぱりクラシックがお好きでしたか?

 

 

中村

先ほどお話した先生からは、クラシックを勧められていましたが、小学校時代にはテレビっ子でクラシックを聴くことなんかなく、SEEDや宇多田ヒカルにハマっていました。

宇多田ヒカルは兄も好きで、中学時代には連打して電話をかけ、チケットを取ってコンサートに行きました。

 

それだけハマっていたのに、専門に進むことを考えるとなぜかクラシックに落ち着きました。

その理由は、なんでだろうって感じで、自分でもよくわからないでいます。

先ほどから話題に上っている先生が素晴らしい方で、クラシック音楽に向かい合っていかなくちゃいけないのだと言う気持ちに、自然と持って行ってくれたのかもしれません。

そのためなのか、クラシックは聴くよりも弾く方が好きでした。

 

今では専門家となりクラシックを聴く機会も増えましたが、今日は気分が違うとなるとJ-popも聴いています。

 

 

その3へつづく)